今月のイチオシ 最短30分でお振込み可能です
アットローン
三井住友銀行グループのカードローンです。
最短申込当日のキャッシングが可能です。
限度額 最高300万円まで!
銀行系カードローンで入会金・年会費無料です!

信販系カードローンの審査


信販系カードローンの審査の特徴はなんでしょう

信販系のカードローンでは、シー・アイ・シー(クレジット利用暦情報)
を重視する傾向にあると言われています

全ての信販系、流通系、銀行系、消費車金融が、まったく同じ方法で
カードローンやキャッシングの審査をしているのではありません

各信販系、銀行系、流通系、消費車金融の使うデーターや
審査方法にはそれぞれのノウハウや基準があるようです

信販系カードローンの審査の特徴といっても業者によって
カードローン審査基準があるということですね

信販系、銀行系、流通系、消費車金融と比較した時には
系統によって基本的な特徴はあるようです

信販系カードローンの場合は、シー・アイ・シー(クレジット利用暦情報)
を重視するといわれています

信販系の利用するデーターベースから、過去のカードローン利用情報を
ほぼ自動的に調べるということです

他社の信販系カードローンの借入れ状況情報も調べるようですが
信販系カードローンの審査の特徴として、どこのカードローン会社で
どれくらいの借入金額があるのかなど、利用履歴を見るようです

カードローン利用履歴情報を、自動、あるいは会社マニュアルに沿って
人材により、情報データーベースからのカードローン利用暦情報を確認し
カードローン審査をするのが特徴といえると思います

カードローン用語 2


信販系カードローンを利用する時にに、借り入れに関して分からない
用語は意外に多いもの

信販系カードローンを利用する前に、知っておいた方がよい基礎知識として
解りにくい用語を調べてみました

@ 残高スライド方式
  借入金額の残高によって返済金額が変わる方式

@ 定額リボルビング残高
  毎月あらかじめ決めておいた一定の額を、支払い返済していく方式

@ 定率リボルビング残高
  利用残高に対して、毎月一定の割合で支払い返済していく方式
  割合についてはあらかじめ決めておきます

@ リボルビング方式
  あらかじめ利用限度額を決めておき、毎月一定の金額もしくは
  一定の割合で返済していく方式
  限度額内であれば繰り返し何度でも融資が受けられます

  リボルビング返済には、
  定額リボルビング方式、定率リボルビング方式、残高スライド定額リボルビング方式、
  残高スライド定率リボルビング方式などがあります

  自由に借入できて便利ですが、元金の返済にかなり時間がかかるので
  計画的な利用が大切です

信販系カードローンを利用する際は
特に、返済方式を知って賢く利用したいですね

カードローン用語 1


信販系カードローンを利用する前に、借り入れに関して分からない
用語は意外に多いもの

信販系カードローンを利用する前に、知っておいた方がよい基礎知識として
解りにくい用語を調べてみました

@ カードローン
  カードを利用してATMやキャッシュディスペンサーから
  定められた限度額内であれば自由に借り入れができるローン

@ 元金
  借りた金額のこと(利息は含まない)

@ おまとめローン
  複数のローンを1つにまとめてしまうこと

@ 実質年利
  年間を通した金利のこと

@ アドオン返済
  返済が終了するまで、借りた金額(元金)に対する利息で支払う方法
  最初の元本に金利をかけて計算し、支払い回数で割って毎月元本と返済する

  毎月の返済額など簡単に計算することができます 
  その反面、元金返済がすすんでも、利息がなかなか減らない
  
@ 元金均等返済
  元金の返済を毎月一定で支払い、利息は元金残高から計算する方式
  返済が進むにつれて元金残高が少なくなるので、利息が少なくなり
  返済額が減っていきます

@ 元利均等返済
  元金と利息をあわせた額を毎月一定の金額で返済していく方式
  はじめの支払いは利息の割合が大きいですが、支払いが進むと
  元金の割合が大きくなっていきます

  高額のローン返済(住宅ローンなど)によく用いられる返済方法

@ 繰り上げ返済
  毎月の返済以外に元金の一部を返済してしまうこと
  繰り上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型の2種類

信販系カードローンを利用する際は、基礎用語を理解して
安心、安全なカードローンのご利用にお役立て下さい

信販系カードローンのメリット

信販系カードローンのメリットは何でしょうか?

銀行系カードローンや、消費者金融系カードローンと比較すると
分かりやすいかもしれません

信販系のカードローンは、銀行系カードローンに比べると
審査時間が短く、審査基準も甘いという面があるようです

また、基本的に大口でのお借り入れを希望の場合
消費者金融系カードローンを利用すると金利が多高くなりがちです

借り入れ金額にもよりますが、消費者金融系カードローンに比べて
金利の安い銀行系カードローンや信販系カードローンが人気です

最近では、信販系が銀行と提携してカードローンやキャッシング
を展開しているところも増えてきています

大まかな捉え方では、消費者金融、銀行系カードローンと比べると
信販系カードローンは中間的な存在といえると思います

信販系カードローンの申し込みには何が必要でしょうか

一般的な個人向け無担保ローン(カードローン)型では
身分証明書(運転免許証・保険証等)という書類は必ず必要です


信販系カードローンとは


信販系カードローンとは、どのようなローンサービスのことでしょうか?

信販系カードローンというのは、一般的に、信販販売会社の
カードローンやキャッシングサービスのことです。

信販系カードローンは、主に、信販系のクレジットカード会社が
カードを発行しサービスをしていますが

信販系クレジットカードの他にも、銀行系クレジットカード
消費者金融機関、流通系金融機関なども、ローンカードや
キャッシングカードを発行しています

信販系カードローンは、銀行系カードローンなどと比べて
分割払いが選べるなど、いくつかの特徴があります

ちなみに、信販販売とは、商品やサービスを利用される方の信用をベースに
商品やサービスを提供している会社が、利用者に代わって
利用代金を立替払いするものを言います

信販系ローンカードや、信販系キャッシュカードを発行している会社は
以下のような会社があります


オリックスVIPローンカード 
オリックス・クレジット株式会社 

楽天クレジット マイワン  
楽天クレジット株式会社 

JCB firstloan+(ファーストローンプラス) 
JCBビジネスローン
株式会社JCB

eS-card plus[イーエス・カード・プラス]
株式会社ソニーファイナンスインターナショナル

CF VIPローンカード
株式会社セントラルファイナンス

株式会社ライフ
ライフプレイカード

セゾン-カードローン
株式会社クレディセゾン

オリコ-クレスト【CREST】
株式会社オリエントコーポレーション

OMCフォーライフ【山本梓カード】
OMC【jiyu!da!カード】
株式会社オーエムシーカード

OMC【jiyu!da!カード】
株式会社UCS

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集